BACKBONE RIG&TA EXPERTS

デジタルハリウッド「本科CGヴィジュアル アーティスト専攻(2018年4月1期生)」にてリグの特別講師をさせていただきました。

2018/11/11

デジタルハリウッド様の「本科CGヴィジュアルアーティスト専攻(2018年4月1期生)」コースにて
弊社、BACKBONE事業部の福本がリグの特別講師を担当いたしました。

 

限られた時間の中で、学生さんにリグの何をお伝えするべきか、かなり悩みましたが、
今年はモデラー志望の学生さんが多い、とお聞きしておりましたので、
リグだけでなくモデリングにもお役に立つ内容で授業内容を構成しました。

 

<当日の授業内容>

・『リグのお仕事、大量生産のワークフロー』のご紹介
・『リグの魅力』
のご紹介
・『骨と筋肉の仕組み』のご説明
・『人体解剖学に沿ったCGでの骨設定とプロポーションの考え方』のご説明と実践
・『ケージモデルの考え方と作成テクニック』のご紹介
・『ケージモデル作成』の実演と実践
・『スキニングの考え方と設定テクニック』のご紹介
・『スキニング』の実演と実践
・『Q&A』

 

授業後は、「リグの印象が変わった」、「コントローラーについても、もっと聞いてみたい!」、
「リグのワークフローに触れることができて、とてもプラスになった」等のご意見があり、
リグにご興味を持っていただけたようで、とても嬉しく思います。
またご要望があれば、次はコントローラーについて詳しくご紹介できればと考えております。

卒業制作、頑張ってください!


デジタルハリウッド 本科CGヴィジュアルアーティスト専攻 Webページ

講師詳細 Webページ